起業家が知っておくべき自分の強みとは?

こんにちは。こちらのページでは、起業家にしっておいていただきたい「強み」と何かについて説明しています。起業家が自分の強みを自覚しビジネスに活かしていくために必要な知識をシリーズで書いていく予定です。 「強み」という言葉は、日常でもよく使われています。ビジネスの世界だからといって意味が異なることはありませんが、その重要さの度合いが違います。 というのは、強みこそが起業家にとっての「成果」つまり「顧客満足」「売上」「利益」といったものの源泉だと考えるからです。

強みの定義

では強みとは何でしょうか。代表的な定義を2つ掲げましょう。まずは経営学者ドラッカーの言葉です。
「ほかの人には難しいが自分には簡単にやれること」 P.F.ドラッカー (2006) 『ドラッカー名著集1 経営者の条件』ダイヤモンド社
拍子抜けしましたでしょうか。「えっ何あたりまえのことを言ってるの」と思うでしょう。でも強みのことを突き詰めて考えていくと、確かにこれ以外に定義のしようがないのです。ちなみに日本語の「才能」ということばもほぼ同意義だと思って結構です。 次に世界的な心理学者ディーナーの書籍から引用します。世界各国の幸福度調査などで知られる幸福学、ポジティブ心理学の権威です。
人にもともと備わっている思考、感情、行動のパターンで、本物であり、エネルギーを生じさせ、最高のパフォーマンスを導くもの ロバート・ビスワス=ディーナー 『ポジティブ・コーチングの教科書』草思社 2016年 ※この本は強みとポジティブ心理学、コーチングの全てが学べる超お薦め書籍です。
ドラッカーと比較すると、?パターンと言う言葉を使っていること、?感情とかエネルギー(やる気、モチベーション)と関係があること、を加えている点が異なります。 強みについての定義は、他にもたくさんあるのですが、共通しているのは、その人だけに特有の成果を出せる能力に着目した点です。人間というのは根本的に皆違うし、違っていいんだと肯定したことが凄いことです。 今までのビジネスや教育の世界では、人々の個別の違いについてはほとんど無視してきました。大きな進歩です。 そしてもう一つの特徴は、弱み補強しないというスタンスです。もちろん対処は考えますが(他人に代行させるなど)、そこを平均に近づけるといった努力は不要としています。 ビジネスで求められるものは、最終的に結果、成果であることは言うまでもありません。そうした最終成果に結びつく個々人の「何か」を強みとして活用し、弱みについては適切なフォローをしていくということをドラッカーやディーナーは提唱しているのです。 一般に世間でも職場でも学校でも、弱点や短所を無くすことを重視する人は大勢います。しかし、ことビジネスという成果第一の場においてはそうではないということです。これはマネジメントの面で大きな革命です。 ちなみに強みは、自己啓発業界の人が適当にいっていると勘違いしている人がいますが、心理学の論文も多数ある科学で証明された事実です!

「強み」が脚光を浴びている理由

話は変りますが、この「強み」がビジネスの世界で取り上げられることが増えたのはなぜでしょう。それはギャラップ社が、ストレングス・ファインダーというツールを開発し、客観的に強みを測る技術を開発し、その調査結果を積極的にPRしたことが大きいです。ちなみにギャラップ社というのは大統領選の予測を始めとする世論調査会社でこの会社のクリフトン会長が提唱したものです。以下の本が代表的ですが、他にも何冊か出版されています。
こんな大事なことに人は今までなぜ気付かなかったと思うかもしれませんね。実はそんなことはありません。ドラッカーは著書の中で人は、はるか昔から、強みの重要さに気づいており自身も中世の教会で行われていた自己啓発法にヒントを得て自身の強みを確認していたとを書いています。 さらに強みがメジャーになった理由としてアメリカの心理学者の活躍もあります。アメリカの心理学の世界で今「ポジティブ心理学」というあらたな心理学派が誕生し勢いが増しています。これは従来の心理学が、精神的、知的な病・障害をケアすることが主目的になっていたことに対しての良い意味での反動ともいえるものです。心理学をより健康や幸福に役立つ方向に向けていこうという動きです。大変よいことだと思いますが、この「ポジティブ心理学」のなかで「強み」が重視されているのです。 ちなみにアメリカには大学の目玉として「強み」に取り組みんでいる大学もあります。さすがアメリカですね。

Azusa Pacific University

強みの内容

では起業家は、どのように強みを扱っていけばよいのでしょうか? 再度ドラッカーの言葉を引用させていただきます(個人的にドラッカーは大好きです)。
「何ごとかをなし遂げるのは、強みによってである。」 「最高のキャリアは、あらかじめ計画してできるものではない。自らの強み、仕事の仕方、価値観を知り、機会をつかむよう用意をした者だけが手にできる。」 (P.F.ドラッカー (2000) 『プロフェッショナルの条件』ダイヤモンド社、初出は1966年)
強みは人間の性質を、成果やパフォーマンスと言った観点で評価した表現だといえます。その人が過去に平均を超える成果やパフォーマンスを産む点を言葉にすればOKです。理想は 具体的には以下のようなものが強みです(例は私の強み)。
  • ものごとを大局的俯瞰的に見られる
  • 整理整頓がうまい
  • 自分自身に直接関係ない物事の本質がわかる
  • その人本来の素の良さがわかる
  • 生活収入を確保できる
さて、強みって人はどれくらいもっているのでしょうか? 専門家にきくと人は皆、数十個の強みがあると言われています。ディーナーも著書の中で、一人あたり50個ぐらいは強みを表現できるといった主旨のことを述べています。まったく内容の被らない強みを50個も見つけるのは結構大変な作業だと思います。ですが10個も見つかればかなり起業家にとっては助けになると思います。

強みの種類

強みは大きく分けて3種類あります。動的な強み1つ、静的な強み2つです。
  1. 一般的な強み(動的)
  2. なってしまう強み(静的)
  3. 存在系の強み(静的)
上から順に説明しましょう。

1. 一般的な強み

一つ目がいわゆる一般的な強みです。強みというと、本人が能動的に動くというイメージがありますね。例えば・・・
  • 数字のデータを扱うのが正確で早い
  • 人々を共感させ説得するのがうまい
とかです。   次の二つ目と三つ目の強みは、上記のような動きのある能動的ではない、普通は意識していない変わった種類の強みです。これは松原正樹さんが提唱しているものです。

2. なってしまう強み

特にその人が能動的に働きかけずとも受動的な形で成果が出てしまうパターンです。
  • 電車やバスが混んでいてもなぜか必ず座れる
  • お金が無くても必ず月末までに臨時収入が入る

3. 存在系の強み

その人がそこにいるだけで成果が出てしまうパターンです。
  • その人がいるだけで店舗に客が入ってくる。(天候や曜日に関係なく)
  • その人がいるだけで職場がすごく和やかになる。
静的な強みも、起業家にとっては大変重要です。たまに、何も能動的に努力せずに稼いでいるように見える起業家がいます。これは受動的な強みを最大限に発揮しまくっているパターンといえるのかもしれません。

強みを起業に活かす手順

起業の初期は、とにかく他者よりも秀でた部分で勝負すべきです。 何よりベースとすべきは起業家の強みを活かしたビジネスを構築することです。強みを起業に活かすには、次の3つのステップで検討していきます。 自分の強みを発見・発掘する 自分の強みを活かせる環境を探す、創る 自分の強みを検証し磨く、展開する 強みや才能の専門家は最近増えていますので?の発見発掘に困ることは無いと思います。ただ?と?をおざなりにしてしまっている方が多い気がします。起業家にとって必要なのは?と?です。忘れないようにしてください。こちらのサイトで順次説明していきます。

まとめ

こちらでは、以下のことをお伝えさせていただきました。
  1. 強みの定義 ひとことで言うと「人に比べて自分が簡単にできてしまうこと」です。
  2. 強みが脚光を浴びている理由 欧米の心理学者がよりよい人間の生き方に役立つ模索した結果、「強み」の重要さに気づき、積極的に啓蒙し始めたからです。
  3. 強みの内容 人よりも簡単に結果が出せることです。それほど厳密に考えずに、ピックアップしていってOKです。
  4. 強みの種類 一般に考えられてる強み以外に、通常はわかりづらい、なってしまう強み、存在系の強みというものがあります。どれも大事です。
  5. 強みを起業に活かす手順 次の3ステップです。 (1)強みを見つける⇒(2)強みを活かす場を用意⇒(3)結果を検証し磨く

今後の「強み」記事の掲載予定

起業家が知っておくべき強みについて、次のような内容を書いていく予定です。
  1. 強みをみつけるため方法
  2. 強みを活かす方法
  3. 弱みをどうすべきか
  4. 強みと感情、やりがい
  5. 強みと才能の違い
  6. 強みを無視すべき時
  7. 強みとパーソナリティ
引き続きよろしくお願いします。

参考文献

強みに興味のある人は下記の本も読むといいと思います。 【参考文献】 金井壽宏(2010)『「人勢塾」 ポジティブ心理学が人と組織を鍛える』小学館 クリストファー・ピーターソン(2010)『実践入門 ポジティブ・サイコロジー~「よい生き方」を科学的に考える方法~』春秋社 M・バッキンガム (2008)『最高の成果を生み出す6つのステップ』日本経済新聞出版社 P.F.ドラッカー (2006) 『ドラッカー名著集1 経営者の条件』ダイヤモンド社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。