強みをあえて考えずに行動すべき時がある

強みを活かしてビジネスをするべし! これは一般にはよく言われることであるし、正しいことだと思います。 しかしあえて強みを使わないというか、意識しないほうがよい時がある。それについて説明しよう。 それは、20代の若者についてである。 仕事についていえば、20代のうちは何でもやってみたほうがよい。 強みを使うなとは言わないが、20代のうちから、強みを検証するだけにしてしまうと、可能性を大きく閉ざすことになる。何事も未知のことは行動してみないとわからないからだ。 例えば、 若いころ営業は苦手で嫌いだった、 口下手だったし、人と会うのが苦痛だった、 しかし 挑戦してみたら意外にできてしまって、 今はトップセールスです。 というような例はことかかなない。 実際に私も何人も会ったことがある。 「強み」がお気に入りの経営者がたまにいるが、強みの話をすると、やはり社会人3年目までは「強み」を考えずに、何でもチャレンジさせると語っていた。そのとおりである。 以上は若者についての話だったが、年を取ってからもたまには未知のことに挑戦するのは大切だ。実験のつもりで新規のことにチャレンジするのは、いろんな意味でよいことだ。 思考の柔軟さが保てるし、心も活性化する。また何かをするときに、自分の強みを併用してやってみるとかすると可能性の幅が広がる。時々意識的にチャレンジするといいと思う。 私は人と新たなことにチャレンジするときは、たまに自分と真逆の意見(自分の強みの使用にこだわらないという意味)にしたがって仕事を進めることにしている。これは新鮮だし、成功すれば自分にとって新たな経験を積むことができる。

関連記事

SWOT分析を使った就活の自己分析と面接対策(パワポファイル付き)