マーケティング オススメの本《マーケティング勉強法 2018》




マーケティングの勉強法

まず、マーケティングを学ぶ場合、注意点が二つあります。

読書で身につけられることは?

仕事としてのマーケティングは、センス、知識、スキルの3つが必要です。
センスは本を読んでも身につきませんが、知識は本でOK、そのことを実践すればスキルとなって身につきます。本を読むのは意義があることなのでぜひ読書してください。

起業家と一般企業の勉強事項は違う

一般企業の方が必要な知識と起業家が必要な知識は、かなり異なるので、そこだけ注意してください。

ちなみに私は、一般企業向けのマーケティングは大学院の教授と職場の上司に、起業家向けのマーケティングは、複数の起業成功者から1対1で教えてもらいました。

もちろん本は必須だと思います。特別なマーケティングのセンスがあれば別ですが、普通の人は読書は必須だと思います。

またマーケティングの世界はかなり専門が分かれて進化してますので、ある程度方向性を見定めて勉強したほうがいいと思います。特にネットを使ったビジネスについては、そうした関連の本も別途読みましょう

では本を紹介します。

初心者コース向けの本

この記事を読んだら次は以下がベターだと思います。以下から好きなものをお選びください。後の2冊は新書です。

↑勉強するのは9章までで結構です。↑

次の本は物語風にマーケティングの真髄的なものをわかりやすく語ってくれてます。実践的な雰囲気があり私は大好きな本です。

初級コース 一般企業向けの本

この本は、企業のマーケティング関係の仕事をする場合、押さえておく基本が網羅されています。経営を勉強する学生さんにも大変オススメです。

初級コース 起業家向けの本

起業をするにあたって、まずこれを読むと起業の流れが、マーケティングの観点でスムーズに入ってきます。起業の場合は、集客について重点的に書かれたマーケティングの本が必要です。

中級 一般企業向けの本

著名なコンサルタントの方の本です。実践のポイントが、基本的な経営学に基づいたうえでよくまとまっています。

中級・上級コース 起業家向けの本

この本があれば、起業家は何も他にいらないのではないかと思うほど、よくまとまっています。習得すればコンサルタントになれるかも、です。ここまで出しちゃっていいんでしょうか?

用語辞典

これは用語辞典です。コンパクトながらよくまとまってます。机上に一冊どうぞ。

まとめ

今回は、マーケティングに初めて触れる、もしくは用語のことを知りたい入門的な記事を書きました。

またマーケティングの最重要ポイントである、以下の用語は覚えていただくことを強くオススメします!

セグメンテーション
ターゲティング
ポジショニング
差別化

マーケティングの4P
Product(製品)
Price(価格)
Promotion(プロモーション)
Placement(流通)

本ですが、まずは、日経文庫あたりの本を見てみてください。私はそこから始めました。マーケティングの世界は本当に楽しいので、あなたもぜひ学んでみてください。お読み頂きありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。