アフィリエイトのジャンル選び|決まらないで悩む初心者の方へ

今回の記事は、アフィリエイトの初心者がジャンル選びするときの、私なりのの解決方法を提示します。

アフィリエイトを始めるとき、最も悩むのが何について書いたらよいか、そのジャンルを決めることです。ジャンルでなく分野とかテーマという言い方もしますね。最近は特化ブログとか、サイトアフィリエイトが推奨されるのでよけいそうだと思います。

結論は「決める必要はない」です。また人に決めてもらってもいけません。俗にいう「ごちゃまぜブログ」を始めるのが正解です。

旬のネタをかきつづけるトレンドアフィリエイトでも同じです。トレンドを追いかけるという限定条件がついても、書くネタは季節行事、タレント、TV番組など結構幅広いので、最初はどれから手をつけるか悩むのではないでしょうか。

要は「書きたいことをまずはどんどん書いていく」ことでスタートするのが最も賢い方法なんです。私が大金と時間を投じて学んだ経験を通して説明します。

なお、一生「ごちゃまぜブログ」を書けということではありません。やっていくうちにわかるときが必ず来ます。そのときにジャンルは決めればOKということです。勘違いしないでくださいね。

では早速説明しましょう。

アフィリエイト初心者が、ジャンル選びをしてはいけない理由

では最初に初心者がアフィリエイトのジャンル選びをしてはいけない理由を説明します。

まずですね、ジャンル選びは大変高度な経験と知識、経営センスを必要とする作業なんです。一般的なビジネスに例えると、どんな業界に進出するか、どこに店をかまえるかといったことと同じです。全て経営トップが判断するレベルのことです。

なぜ、未経験のバイト未満のアフィリ初心者が、決められると思ってしまうのでしょうか? 正しい判断をするには以下のことがわかっていないとできないのです。

  1. あらゆるアフィリエイト形態(特化、トレンド、メルマガ、無料オファーなどなど)とそれぞれのメリット・デメリットと成功条件
  2. あらゆるアフィリエイト・ジャンルの最新動向
  3. アフィリエイターが自分自身の知識、スキル、嗜好、マーケティング能力を完全に把握していること
  4. アフィリエイターがアフィリエイト作業について自身の強み、弱み(できること、したいこと)を全て客観的に理解できていること

いかがでしょうか。以上の4点が少なくともわかっていないと、あなた自身にあったジャンルは選べません。まず不可能だと思います。決まらなくて当然だと思いませんか?

アフィリエイト初心者が、人にジャンルを決めてもらわないほうがよい理由

自分では無理だとわかった後、次に考えるのが専門家に相談することです。でもそれも止めておいたほうが無難です。例外はあとで書きます。

実は私自身もジャンル決めコンサルを受けたことがあります。それはアフィリエイトのみでなく、アフィリを含んだWEBビジネス全般を視野に入れて、適切なジャンルを教えてもらうというものでした。一泊二日の合宿形式で20万円。結論は「無駄」でした。48時間程度では私の嗜好、適性、強みなどを専門家に理解してもらえなかったからです。結局、言われた通りにサイトを作り一応はやってみましたが、自分に合っていないことが1年後にわかり撤退しました(涙)。

この経験も含め、専門家に相談しないほうがよい理由を掲げておきます。

  1. ネットにたくさんある塾やコンサル、サロンをやっている方たちは、そもそもアフィリエイトで大成しておらず、うまくいってないため教えて金を稼いでいる人が多い(全員ではありません)。
  2. アフィリエイトの全貌を理解していないのでジャンル選びは専門家でさえ荷が重い(と私は思う)。専門家自身が経験したことは教えられても、広告主やASP、Googleの真意や意図、動向を完全に把握・理解はできていないでしょう(そもそもそんな人は存在しませんが)。
  3. 数回程度の相談で、相談者(あなた)のジャンル選びを成功に導くのに必要なコンサルティングをできる能力を持った人は常識的に考えて皆無。数回会っただけで、その人の性格、適性、嗜好を把握できる人は心理カウンセラーだろうが占い師だろうがごくごく少数だと思います。仮にアフィリエイトで大成功していたとしても、コンサル能力はまた別の能力が必要。
  4. そもそも、企業でいえば経営の最重要課題を、人に頼ることが問題。
  5. ジャンル選びを人に任せることで、あなた自身がアフィリエイトの失敗を他人の理由にできる。継続しない理由をでっちあげられる。

専門家について批判めいたことを書き並べましたが、私は専門家はみな詐欺だとかいっているわけではありません。私もキーワード選定については、専門家のオンライン講座や教材でずいぶん学び糧になっており感謝してますよ。

アフィリエイトのジャンル選びの難しさは「結婚相手の選択」と同じなんです。アドバイスを受けるのは全く問題ないですが、完璧な答えはそもそも出ないと思っていたほうがよいのです。

それでもジャンル選びで成功した人はいるんだけど

とはいえ、ジャンル選びで成功している人はいるのは事実です。否定はしません。だから最初から成功するジャンルを選びたいという気持ちは理解できます。でも実際はちがうんですよ。

私も真実を知りたいんで本を買って確認しました。入手した本に出てくるこのお二人は、最初からジャンル選びを意図的に行って成功したわけではないと書かれてます。

↓ジャンルは「マイルの活用」。この成功したサイトは10年以上にわたって得たノウハウの集大成だと書かれてます。初心者がいきなり成功したわけでないんです。

アナログ文系サラリーマンでもできる! アフィリエイトで月20万円稼ぐ方法

『アナログ文系サラリーマンでもできる! アフィリエイトで月20万円稼ぐ方法』

著者: 五十嵐 勝久
出版社: KADOKAWA/角川書店
出版日: 2016-04-23
ASIN: 4047317446
ISBN-10: 4047317446
ISBN-13: 9784047317444





↓ジャンルは「株」「FX」。著者は最初のジャンル選びで成功して現在の月収は400万円(すごい)。ですが、立ち上げた当初、勤務先は「株」「FX」を扱う金融会社。ご本人の趣味も「株」「FX」。かつ従事されていた業務が「ネット広告」。うーん、まさにアフィリエイトで成功するための状況が全部そろっていたわけですね。深く考えずに決めたと書かれてますが大正解! もちろん実力があって現状を築かれたと思いますが、誰でも真似はできないと思います。

素人でもできる!  たった20記事のミニサイトで月10万アクセスを集める方法

『素人でもできる! たった20記事のミニサイトで月10万アクセスを集める方法』

著者: 中嶋茂夫
出版社: ソシム
出版日: 2018-03-17
ASIN: 4802611331
ISBN-10: 4802611331
ISBN-13: 9784802611336





アフィリエイト初心者がジャンルを決めないほうがよい積極的な理由

次に、ジャンルを選びをしないほうが良い理由を書いておきます。

  • そもそもブログもサイトもその気になれば1時間ほどで設置は可能。費用もXserverとか使えば、一月に千円程度で、いくつでも独自ドメインで作れます。いくらでも途中で変更ができることを忘れてはいけません。リアルなビジネスなら不可能ですが。
  • 自分がどんなアフィリエイト形態があっているか、自分に向いたライティング方法、自分と相性のよい読者層などは情報発信してみて初めて「確認」できます。やってみないとわかりませんよ!!!
  • 何事も成功させるには「継続」させることが必要です。継続させるためにはある程度「書いてみたいこと」を自由に書ける環境が重要。かっちりとしたジャンルを最初に決めると、書きたいことがジャンルを外れていたらアウトです。

ごちゃまぜブログについて

結論は、何でもよいのでガンガン書いていくのがよいということです。シリウスのようなサイト形式での作成はしないで、無料でも有料でもよいのでブログで始めるのが無難です。

私も、最初は何でもかきたいことを書いて良いという「真実」を知ってからやりたいようにやっております。不思議なもので、そのほうが自分自身で気づきが多いです。ちなみに、このごちゃまぜブログでございます (^o^)

人って不思議なもので、選べと言われると選べなくなり、選ばなくてよいとなると、選びたくなります。実はすでに特化するアイデアが複数あり、時間を捻出せねばと焦ってる次第です。

よくいう日記的なブログは駄目だという話が出ますよね。「ママ友とランチした」とかの話を一生書き続けていてはさすがに稼げませんが、「最終的にはアフィリエイトで稼いていくんだ」という決意さえあれば問題ないのです。

以下にヒントがあるんでご覧くださいませ。

日記ブログを書いている人のブログ集客術

とはいえ、ゴールのイメージはある程度もっておいたほうがよいでしょう。持つべきゴールイメージはこちらの記事で書かせていただきます。

お読みいただき、ありがとうございました。