Step4 SEOの準備

こちらのステップでは、記事を書く前に最低限必要なSEOの知識を確認し、SEOに配慮した記事を書く準備を行います。

SEOの基礎知識

SEOとは”Search Engine Optimization” の略。検索サイトで上位表示させるための方策のことです。SEOというと非常に面倒で難しそうなイメージがありますが、そんなことはありません。

基本は検索ユーザーの意図にあったコンテンツを用意するだけです(それが難しいという話もありますが・・・)。もちろん専門家しか対処できないことも一部ありますが、実際に検索順位に影響を与えているのは9割以上「書いてある文章」の中身そのものです。

文章でほぼ決まると思って結構です。(ちなみに内容の理解に役立つ画像なども評価されます)。文章の評価は、そこに含まれる情報自体の質と量で決まります。単なる文字数や文章表現はあまり関係ないと思ってください。文字数を増やすため、長々とバカ丁寧な説明をしてしても逆効果です!

昔は、小手先のテクニックで検索上位に表示させることが可能でした。他のサイトからたくさんのリンクを張ってもらうようなことです。しかし現在では、そうしたことをやっても排除されるよう対策されます。純粋に良いコンテンツだけが上位に表示されるようになっています。

ですから、あなたがあるキーワードで自分のサイトを検索上位に表示させたければ、方法は簡単です。現状上位のサイトよりも評価されるコンテンツを提供するだけなんです。試験の模範解答は誰でも見られる状態にあるということですね。

実際には検索上位の1~10位が模範回答です。それらの記事を見てオリジナリティのあるよりよい記事を書けばよいのです。ですので、あなたが特定のキーワードでSEO対策を行いたければ、質量ともに上位サイト(1~10位)を超える内容のページを用意すればよいということです。

例えば婚活コンサルタントさんが自分のサイトに「20代 男性 婚活方法」で検索したユーザーが訪問してくるようにするには、このキーワードで現在1位表示されてるサイトよりも良いページを作ればいいのです。

もしも1位のサイトが、婚活のコツを3つ、それぞれ事例付きで紹介していたら、あなたは4つ以上紹介する。そして事例も倍にする。そのようにすれば勝てるということです。これはかなり単純化した例ですが基本はこんな感じです。

詳しいことは以下のページも見てみてください。
キーワードの検索意図を知る方法とは?
検索結果で上位を狙うなら検索意図を見抜こう!
以上、SEOの基本についての説明でした。

ブログ立ち上げ時にやっておくべきSEO対策

ブログの記事が十分に充実し、あとは集客するのみということなら、キーワードを100個ほど選び、それに合った記事を書いていくことになります。ですがブログを立ち上げたばかりのときは、その前にやっておくべきことがあります。

講座の冒頭でいったとおり、ステップ1~3で取り上げた「USP」「仕事への想い」「購買ガイド」のコンテンツをきちんと用意することでしたね。いくら見込み客を呼び込んでても、読んでもらうコンテンツが揃ってなければ意味がないからでした。

では、ステップ1から3の記事についてSEOは全く無視してよいかというと、そうではありません。一つだけこの段階でできるSEO対策があるんです。それを説明します。とても簡単です。

?まず、あなたのビジネスにとって最も重要だと思える「キーワード」を数個決めます。

 

?そして、ステップ1から3の記事を作るとき、それらの「キーワード」を記事やページのタイトル(見出し)に意識的に使ってあげるのです。

簡単ですよね? これをやっておくと後々アクセスアップに効いてきます。ぜひ試してみてください。このステップではこのための準備をして欲しいと思います。では、その方法について説明しましょう。

“重要キーワード”とは

この作業の一番の目的は、あなたがブログで使うメインの「ことば(キーワード)」については、多くの人が検索時に使用する「ことば(キーワード)」に合わせるということです。

人が日常で使う言葉は、経験や嗜好によって偏りがあります。例えばプライベートで遠くに移動することを「旅」、「旅行」といいますが、「ツアー」といったりもしますよね。「観光」「行楽」「遠出」とも言います。

日常はそれで構わないのですが、これがビジネス目的のブログの表記となると話は違います。見込み客が検索している言葉にしておいたほうが有利なのです。

問題はその「見込み客が検索している言葉」をどうやって確かめるかです。例を挙げて説明しましょう。

ある経営コンサルタントが「売れる商品作り」のコンサルティングをやっているとします。

このコンサルタントは次の2つのキーワードを会話やブログ記事でよく使っていたとします。

 

一つは「商品企画」、もう一つは「商品設計」というキーワードです。

 

このコンサルタントにとって重要キーワードであることは間違いありません。しかし決定前にあるツールを使って類義語(似た言葉のこと)と検索頻度も見てみました。その結果が以下です。

 

調べて正解でした。他にもよく使われている類義語があったのです。

 

 例1例2
分野稼ぐ系コンプレックス系
仮ジャンル
(分野を細分化)
投資>不動産投資>中古住宅>都心>転売髪の毛>薄毛>育毛
アフィリエイトの対象商品/サービス中古転売の投資スクール/セミナー育毛剤/シャンプー/サプリ
読者首都圏の30~40歳代の不動産投資未経験OL30~40歳代の女性
正式ジャンル独身OL向け不動産転売入門薄毛で悩む女性のヘアケア
(2017/6/3 Google Adwordsキーワードプランナーにて調査)

 

これを見ると「商品 企画」と「商品 開発」の2つがよく使われていることがわかります。「商品 設計」は意外にもあまり使われていなかったようです。結論としては「商品 開発」も適度におりまぜて使っていくことにしました。

 

そうすれば検索サイトで、どちらで検索されても大丈夫だからです。今回は違いますが、もしも「製品 企画」をよく使っていたら、他の言葉に切り替えたほうが賢明ということです。

このように見込み客が検索で使う言葉を知っておくことで、検索サイトからの訪問数を増やせる可能性が出てくるのです。

ここで出てきた類義語や検索回数を調べるツールを挙げておきます。「Googleキーワードプランナー」という無料のツールです。ぜひ使ってみてください。下記のサイトを参考にしてやってみてください。

【2017年版】Google Adwordsキーワードプランナーの使い方とキーワード選定方法

どうやって重要キーワードを探すか?

つぎは、重要キーワードの探し方、見つけ方を説明します。実はステップ1~3をやることが、重要キーワードを特定するのに役立つんです。

ステップ1~3のワークシートを埋められたら、それを眺めながら、大事だと思う言葉を抜き出してみてください。繰り返し出てくるのですぐわかると思います。

複数の単語からなるキーワードでもOKです。むしろ、そのほうが検索時に絞りやすいのでおすすめです。また既にブログにタグを設定している人も多いはず。タグからもピックアップしましょう。

記事中で重要キーワードを意識して使うとは?

これと決めた重要キーワードを、実際にどのように記事に使っていくかを説明します。

●ブログのタイトル
「重要キーワード」と「社名」または「個人名」を入れるのがベストです。例えば起業コンサルタントの方なら、ブログタイトルに「起業」は必ず入れてください。

●記事のタイトル
出し(H1)に重要なキーワードは入れましょう! また記事中の見出し(H2以下)へも不自然でなければ入れましょう

【例 女性向け起業コンサルタントの記事のタイトル】
女性」「起業」というキーワードを意識して使用すると決定・売れる商品を設計できた女性起業家の共通点
女性起業 無料でも申込みが来ない3つのパターン
女性起業して成功しやすい、美と健康分野のスイートスポット

このように記事タイトルに意識して重要キーワードを使うようにしてください。なお本格的なSEO対策、広告について以上の3ステップが完了してから取り掛かりましょう。お金を無駄に使うことになってしまいます

以上で第4ステップは終了です。