Step0 ビジネスブログ入門講座のガイダンス

このたびは、当講座をご覧いただき誠にありがとうございます。この講座は、ビジネス、特にコンサルタント、コーチ、カウンセラーといった専門的な知識やスキルを提供するお仕事をされている方向けに用意されたブログの講座です。 あなたがブログを書く上でこんな悩みはありませんか?
  • 何を書いてよいか正直わからない。
  • 少しは書けたが、もう書くことがなくなってしまった。
  • 書けども書けども顧客獲得につながらない。
  • SEOを意識すると書きたいことが書けない。
このようなことで悩んでいる方に向けて用意したのがこの講座です。 ビジネス用のブログを書くということは、大変な作業です。ビジネス、マーケティング、コミュニケーション、さらにはWEBというメディアの特性が理解できていないと、成果につながるブログ記事は書けません。 私は、いろいろな会社のWebサイトのコンサルティングをしてきました。一部上場の大企業から個人まで「どうしたら会社の魅力が伝わるか」についてかなりの試行錯誤してきました。そこで得られたことをこちらの講座で伝えていきたいと思っています。

ブログを成功させるためには何を書くべきか?

ビジネスを目的としてブログを書くのは、多くの人にとって初めての経験です。学校では教えてくれてませんし。だから迷うし悩むわけです。 でも答えはシンプルです。「あなたのビジネスの価値をブログで伝えられればいいのです。 しかしどんなことでも、人に自分の思っていることを100%誤りなく伝えるというのはとても難しいことですね。 でも目的がビジネスということに限るなら、方法はわかっています。 ? あなたから買うことで得られる価値 ? あなたの提供している商品やサービスを買うことで得られる価値 以上の2点を伝え切れれば、必ず成果は上がります。現在ではコンサルタント、コーチ、カウンセラーなどの専門家は、WEB経由で探すのが普通です。ブログ(ホームページ含む)で大事なこの2点を十分に訴求できればよいのです。

収益性の高いブログを作るためのコンテンツ

では、上記の2点をしっかりと伝えていくためには何をブログに載せたらよいのでしょうか? まず、よくあるブログの構成を見てみましょう。よくあるブログのメニュー例です。 ? プロフィール ? お客様の声 ? サービス紹介(メニュー) ?セッション予約 ? イベント・セミナー案内 ? お問い合わせ ? メールマガジン登録 ? ブログ記事 ?から?は固定ページ。そして日々投稿している記事がカテゴリ分けされて並んでいるというのが、よくあるブログのタイプです。問題はこれでよいのかということです。是非を決める基準は、冒頭でも述べた以下のことを伝える「文章」が入っているかです。
  • あなたから買うことで得られる価値
  • あなたの提供している商品やサービスを買うことで得られる価値
あなたのブログから十分な成果が上がっていればいいのですが、そうでなければ、伝えるべきこの2つが書かれていないということです。それでは、伝えるための方法を説明します。 上記に掲げた2つの価値を伝えるためには、次のように3種類のコンテンツを用意する必要があります。順番に説明しましょう。 1. 経営者の持つ「仕事への想い」を伝えるコンテンツ 経営者のビジョン、理念、ミッションといったものです。あなたの真意がきちんと伝わるかがポイントです。 2. 「USP(独自のウリ)」を伝えるコンテンツ 商品やサービスの価値そして独自性や希少性をアピールします。 3. 購入までをガイドするコンテンツ 購買段階ごとに顧客が知りたいであろうことを載せます。ここでは一切商売っ気をだしてはいけません。 実際に書く内容は商品や業態によって変わりますが、核となるコンテンツはこの3つです。この3つを、きちんと載せられているかどうかで集客率、成約率は決まるんです。 この3つのコンテンツが掲載されていなければ、共感や信頼、好感は生まれません。集客できたとしても、伝えるべきメッセージが不十分であれば、ザルで水を汲むようなこととなってしまいます。何も残りません。 では3つのコンテンツを載せる意味について説明しましょう。 ●「経営者の仕事への想いを伝えるコンテンツ」 少し前までは、経営者が何を考えているかといったことは、あまり関心は持たれませんでした。でも今は違います。自分の価値観と合う人、好きな人からサービスを購入したいと思っています。 ましてやコンサルやコーチを受けるとなれば一層そうなります。誰が良いかを判断するための情報が今は必須なのです。経営者そして従業員がどんな人間なのか、どんな姿勢で経営しているのかをぜひわかるように伝えていきましょう。 ●「USP(独自のウリ)」を伝えるコンテンツ これは説明するまでもありませんね。売る上で意識すべきことは「独自性」や「希少性」です。ネットのお陰で商品サービスの比較材料は事欠きません。そのためコンサルやコーチングにも、あなたならではの”何か”が求められます。 ただし競合に神経質になるのはよくありません。顧客の声を大切にしながらあなたの強みを大切にしていくことで「独自性」「希少性」は結果として後からついてきます。焦らずにやっていきましょう。
競合との競争を避けることを第一優先にしてはいけません。差別化、ポジショニング、ニッチ化といったことよりも、「顧客のニーズに応えること、期待を超えたものを提供していくこと」をマーケティングの目標にしていきましょう。
  ●購入までをガイドするコンテンツ 人は何も知らない状態から出発し、次第に知識を深め、比較検討して購入に至ります。この購買段階ごとに「顧客が知りたいこと」を予想して載せていきます。解決したい問題を意識しだした時から商品を知って契約に至るまで、生じる疑問に答えます。 どれだけ顧客の「リスク」を減らし、理想の未来を見せてあげられるかが勝負です。またここではあなたの貢献的な姿勢を知ってもらうことも忘れないでおきましょう。 以上、3つのコンテンツが必要な理由を説明しました。 さて、あなたのWEBサイトは、こうしたことについての記事がどれくらい掲載されているでしょうか? これから講座の中で見直していきます。足りないようなら追加していきましょう。(その方法は講座の中でお伝えしていきます) 本来、成果の上がるブログを書くためには、経営、マーケティングの知識と経験が必要です。でも、そうしたことをゼロから学んでいる時間は無いのが普通です。面倒な経営学やマーケティングのことを勉強せずとも、用意したワークシートに書き込めばスムーズに自社で用意していくべきコンテンツがわかる。そうした作りになっています。 ワークシートに埋めていき、どんなコンテンツが不足しているのかがわかったら、それをあなたのサイトに、ご自身のやり方で追加してもらえば結構です。

SEOについて

それから、SEOへの対処も気になるのではないでしょうか。SEOはもちろん大事なことなのですが、あくまでも集客して見せるべきコンテンツ(上記の3つ)が揃っていることが前提となります。 3つの核となるコンテンツがなければ、SEOに注力しても無駄です。アクセスがアップしても成約率は上がりません。まずは3つのコンテンツを用意し土台を固めるのが肝心です。 客が訪れれば「比例して売上も増える環境」ができてこそ、集客活動が活きるのです。3つの核となるコンテンツが仕上がってからSEOや広告をすればよいのです。この講座では、第3ステップと第4ステップで、最低限やっておくべきSEOについて説明し感じを掴んでいただきます。初めはそれで十分だと思います。 本格的なSEO作業は、この講座での記事執筆が終わってからで十分に間に合います。焦らずやっていきましょう。

実際の記事の書き方

また、一つ一つの記事を書くのも大変ですよね。初心者の方でも、テーマに基づいた記事がスムーズに書けるよう、第5ステップで解説しますので安心してください。何も考えずに書いても伝わる文章にはなりません。心を動かす文章を書くにはゴールデンルールがあります。 誰もが一定のレベルの文章が書けるよう例文付きのテンプレートをいくつか用意しました。テンプレートにそって書けば、問題なく書けるようにしています。楽しみにしていてください。

学びの進め方

各ステップの指示にしたがってワークシートを埋めていただくことで、足りないコンテンツが見えてきます。あとはそれをリスト化し優先順位を付け、書きやすいものからテンプレートに添って書いていくだけです。集客にも営業にも強い専門家サイトの土台が築けます。 本講座の構成ですが、以下のようになります。各ステップとも読むだけなら10分程度で読める内容ですが、読んだあと、実際に手を動かしてやってもらうことが大切です。じっくり取り組んでみてください。 ステップ1 USPとなるコンテンツの準備 ステップ2 仕事への想いを表現するコンテンツの準備 ステップ3 購入までをガイドするコンテンツの準備 ステップ4 SEO対策 ステップ5 記事の書き方 ビジネスブログ入門講座のガイダンスは以上です。ではステップ1からお読みください。